ラグビー日本代表No・8姫野 常連うどん店に「次も頑張ります」

[ 2019年9月22日 05:30 ]

ボリューム満点の「カレー南蛮うどん」
Photo By スポニチ

 持ち前の突破力で日本の開幕戦勝利に貢献したラグビー日本代表No・8の姫野和樹(25)は、所属するトヨタ自動車の練習場に近い愛知県みよし市のうどん店「一心亭」に多い時期で週2、3度通う。常連客らとテレビ越しに声援を送った店主の鈴木悠司さん(39)は、試合後LINEで「おめでとう」と勝利を祝福。姫野からは「次も頑張ります」。勝負飯の店に勝利を誓った。

 ボリューム満点の「カレー南蛮うどん」などのうどんに、サイドメニューの唐揚げとだし巻き卵を添えるのが定番だ。

 姫野は入社した17年、新人ながらいきなり主将に抜てきされた。「最初はプレッシャーも凄かったみたいだけど、先輩には可愛がられていた。最近は後輩を連れて来ることも増えました」と成長を見守ってきた鈴木さん。「開幕戦は見ていて頼もしかった。結果も大事だけど、ケガをせず楽しんでほしい」と健闘を願った。

続きを表示

この記事のフォト

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

「結婚特集」特集記事

2019年9月22日のニュース