“チケット不正転売禁止法”はザル!? 身分証確認なくすんなり入場

[ 2019年9月21日 05:30 ]

<日本・ロシア>味の素スタジアムに入場する来場者(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 ラグビーW杯日本大会の開幕戦、日本―ロシア戦が行われた東京・味の素スタジアムで20日、転売チケットでの入場を巡る問題が懸念されたが、大きな混乱は見られなかった。

 昨年12月には、不正転売を禁止する「チケット高額転売規制法案」が成立。今年6月14日に施行された。消費者庁は今月13日、転売サイト「viagogo(ビアゴーゴー)」の名前を公表し、注意を呼び掛け。約1200件の相談が寄せられていた。ビア社で5万円のチケット2枚を、約27万円で入手した60代男性はすんなり入場。「肩透かしだった」と胸を撫で下ろした。

 一方で、身分証の確認などがなかったため「禁止法は“ザル法”では」と指摘する声も上がった。

続きを表示

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

「結婚特集」特集記事

2019年9月21日のニュース