池袋暴走事故 39万人分署名、遺族が東京地検に提出

[ 2019年9月21日 05:30 ]

 東京・池袋で車が暴走し松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)が死亡した事故で、会社員の夫(33)ら遺族は20日、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)の厳罰を求める計約39万人分の署名を東京地検に提出した。7月中旬から募っていた。提出後、都内で記者会見した夫は「皆さまの思いを持って裁判に臨みたい。軽い罪で終わる前例を作らないようにしたい」と語った。

 事故は4月19日昼に発生。警視庁は飯塚元院長が運転操作を誤った可能性が高いとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで書類送検する方針。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年9月21日のニュース