94歳男性 屋根修理で転落死 「ブルーシート」で事故相次ぐ

[ 2019年9月18日 05:30 ]

 17日午前10時ごろ千葉県いすみ市大原で、自宅の屋根瓦を直していた男性(94)が転落したと家族の女性から119番があった。屋根は台風15号で壊れたとみられ、男性は搬送先の病院で死亡が確認された。

 台風で壊れた家屋の雨漏りを防ぐため自治体などがブルーシートを配布。作業中の転落事故が相次いでおり、県は専門業者に頼むか、やむを得ない場合は複数人で作業してヘルメットを着用するなど安全に配慮するよう呼び掛けている。件数が多いため、業者の手が回らない状態が続いている。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年9月18日のニュース