不正入学疑惑で韓国法相の娘を聴取 私募ファンド疑惑で妻にも迫る捜査

[ 2019年9月18日 05:30 ]

 韓国メディアは17日、大学への不正入学疑惑が持たれているチョ・グク法相の20代の娘を検察当局が16日に事情聴取したと報じた。チョ氏の直系家族への聴取は初めて。娘は、高校時代に大学医学部の研究所で短期間インターンをしただけで研究論文の筆頭著者として名を連ね、これを利用して、大学に不正入学した疑惑がある。

 また、チョ氏の妻チョン・ギョンシム韓国東洋大教授らが出資した私募ファンドの実質的所有者であるチョ氏の親戚の男が横領などの容疑で逮捕されたことで、チョン氏の事情聴取も差し迫っているという。
 チョ氏はこの日、国会を訪れ与党幹部らに検察改革への意欲を改めて表明。法相任命撤回を求めている最大野党「自由韓国党」はチョ氏との面会を拒否した。

続きを表示

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

「結婚特集」特集記事

2019年9月18日のニュース