女性遺体 ポリ袋に入れられた状態 部屋を出入りしていた男を追う

[ 2019年9月14日 05:30 ]

 東京都豊島区池袋のホテルから12日午後8時半ごろ「シーツにくるまれたものがあり、遺体かもしれない」と110番があり、2階の一室からポリ袋に入った30~40代ぐらいで身長約1メートル65の女性の遺体が見つかった。司法解剖の結果、首の圧迫による窒息死で、足首はビニール製のひもで縛られ、手首にも粘着テープが付いていた。

 警視庁は殺人、死体遺棄事件として池袋署に捜査本部を設置。女性の身元を調べるとともに、部屋を出入りしていた男の行方を追っている。捜査関係者によると、ポリ袋は布団圧縮袋のような大型の1枚で、ホテルの備品ではなかった。男が事前に準備し持ち込んだ可能性がある。

 現場はJR池袋駅の北約400メートルのラブホテルが立ち並ぶ一角。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年9月14日のニュース