またあおり運転、今度は東名でエアガン発射 

[ 2019年9月11日 05:30 ]

 愛知県の東名高速道路上り線で8日、車で走行していた男性が後続車からあおり行為を繰り返された上、乗っていた人物からエアガンのようなものを発射されていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。男性にケガはなかったが、車体の一部がへこんでおり、男性は県警に被害届を提出した。

 捜査関係者によると、8日、東郷パーキングエリア(同県日進市)付近の追い越し車線で、男性の車の後ろを走っていた黒いワゴン車が、何度も急接近したりクラクションを鳴らしたりした。その後、ワゴン車の運転席側の窓からエアガンのようなものが発射されたという。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ガンダム 逆襲のシャア」特集記事

2019年9月11日のニュース