中国への制裁関税30%に引き上げ、“報復の連鎖”が泥沼化

[ 2019年8月25日 05:30 ]

 トランプ米大統領は23日、中国からの輸入品2500億ドル(約26兆円)分に発動済みの第1~3弾の制裁関税について、10月1日に税率を25%から30%に引き上げるとツイッターで発表した。ほぼ全ての輸入品に対象を広げる制裁第4弾は税率を10%から15%に上げる。

 中国政府が第4弾への報復を発表したのを受けた対抗措置。トランプ氏は、中国で事業を展開する米企業に中国からの撤退も求めた。米中間で制裁と報復の連鎖が泥沼化。貿易を巡る応酬は激しさを増すばかりで摩擦解消は一段と遠のいた。世界経済への打撃は必至だ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ガンダム 逆襲のシャア」特集記事

2019年8月25日のニュース