としまえんプール死亡女児 全身遊具下に 浮力が原因か

[ 2019年8月17日 05:30 ]

 東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールで埼玉県朝霞市の小学3年森本優佳さん(8)が死亡した事故で、森本さんは発見時、水面に浮かぶ遊具の下に全身が隠れた状態だったことが16日、警視庁練馬署への取材で分かった。

 着用していたライフジャケットの浮力により遊具の下で身動きが取れなくなった可能性があり、同署が状況を調べている。練馬署によると、森本さんは15日午後1時すぎから父親と子供向けプール「ふわふわウォーターランド」で遊んでいた。父親が途中で見失い、監視員らが捜して午後2時ごろ遊具のマット(縦2・5メートル、横5メートル、厚さ30センチ)下の中央付近でうつぶせの状態で見つかった。

続きを表示

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

「結婚特集」特集記事

2019年8月17日のニュース