“ホワイト国除外返し”受け政府「韓国に過剰反応しない」

[ 2019年8月14日 05:30 ]

13日、ソウルの大統領府で開かれた会議で発言する文在寅大統領(韓国大統領府提供)
Photo By 共同

 韓国政府が安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る国のグループから日本を除外すると発表してから一夜明けた13日、日本政府は「過剰反応はしない」(外務省幹部)との立場を崩していない。15日に日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」を迎える韓国国内の動向を見極めた上で対応を検討する考え。日本の輸出規制強化への対抗措置であれば世界貿易機関(WTO)協定違反だというのが日本側の認識だ。

 一方で、韓国メディアは「日本が受ける打撃は小さい」との見方を示している。13日付の韓国紙、京郷新聞は、対象となる戦略物資を日本に輸出している主要な韓国企業は100社未満とみられると報道。品目別で韓国からの輸出量が多いのは石油製品や鉄鋼で、日本はいずれも別の供給先を見つけることが容易だと指摘した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月14日のニュース