ザギトワの愛犬「マサル」のLINEスタンプ発売 秋田弁のセリフに注目

[ 2019年8月13日 11:00 ]

秋田犬保存会が発売した「マサル」のLINEスタンプ
Photo By 提供写真

 秋田犬保存会は13日、秋田犬マサルのLINE(ライン)スタンプの発売を開始した。

 「マサル」は平昌五輪フィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ(17=ロシア)の愛犬。秋田犬保存会が贈呈した雌犬で、ザギトワはインスタなどでかわいがる姿を披露。世界中で注目を集める犬となっている。

 スタンプはマサルをモデルとした赤毛の犬のイラストに「気にすな」「ありがどな どもな」「わりな たのむ」などの秋田弁のセリフを付けている。1セット24点、120円(税込み)もしくは50LINEコイン。保存会が公認した秋田犬のスタンプは初めて。収益の一部は、秋田犬の殺処分保護に充てるという。

 保存会会長で日本維新の会国対委員長の遠藤敬衆院議員は「日本の固有犬種である秋田犬のかわいらしい魅力を発信できればと思います」と話している。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月13日のニュース