東京五輪・パラ組織委 「都市型」選手村の概要発表

[ 2019年8月6日 05:30 ]

建設の進む2020年東京五輪・パラリンピックの選手村(共同通信社ヘリから)
Photo By 共同

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は、大会時に選手団が宿泊する選手村の概要を発表した。

 銀座などの繁華街へ行きやすい中央区の晴海埠頭に位置する「都市型」選手村。三方を海に囲まれた44ヘクタールの敷地には14~18階建ての宿泊施設21棟、24時間稼働するメインダイニングホール、フィットネスセンターや診療所の複合施設、店舗があるビレッジプラザなどが設置される。五輪時に1万8000台のベッドが提供される宿泊施設は1~8人部屋で、競技会場へ向かう専用バス乗り場が各棟から近いのが特徴。宿泊施設は今年12月に完成予定で、五輪開幕10日前の来年7月14日に開村となる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月6日のニュース