五輪500円硬貨に風神雷神図屏風、来年7月ごろ交換へ

[ 2019年7月30日 05:30 ]

 財務省は29日、2020年東京五輪・パラリンピックを記念した500円硬貨の図柄が芸術作品の「風神雷神図屏風(びょうぶ)」に決まったと発表した。同省が3つの図案の中から、ツイッターや郵便はがきを通じて投票を受け付けていた。硬貨は20年7月ごろに金融機関で交換できる見通し。オリンピック記念硬貨に「雷神」、パラリンピックに「風神」をそれぞれデザインする。裏面には、五輪・パラリンピックのエンブレムや競技の絵文字「ピクトグラム」をあしらう。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月30日のニュース