暴行か…7歳女児 頭部陥没骨折で意識不明の重体 

[ 2019年7月27日 05:30 ]

 愛知県美浜町の住宅で25日、小学2年の戸田心海(ここみ)さん(7)が頭から血を流し、意識不明の重体で倒れているのが見つかり、県警は何者かに殴られて頭部を骨折した可能性があるとみて26日未明、殺人未遂事件として半田署に捜査本部を設置した。詳しい状況を調べている。

 捜査関係者によると、くも膜下出血で、頭部を陥没骨折していた。胸や背中、腕など上半身に複数のあざや擦り傷があった。鈍器のようなもので殴られた可能性があり、捜査本部は26日、殺人未遂容疑で戸田さん方を現場検証した。

 心海さんは、2階の部屋でベッド脇に横向きの状態で倒れていた。室内は椅子がひっくり返っていたが、荒らされた形跡はなく、心海さんの着衣に乱れもなかった。

 心海さんは父親(55)と母親(48)と3人暮らし。母親が25日午後0時15分ごろ、「子供が椅子から落ちて頭にケガをしたようだ」と119番した。

 母親は「朝から買い物に出かけていて正午ごろに帰宅した。娘は夏休みのため、1人で留守番をしていた」と説明しているため、捜査本部は第1発見者として発見時の様子などを確認している。帰宅時、玄関に鍵は掛かっていなかったという。

 父親はこの日、午前8時ごろに出勤していた。

 現場は名鉄美浜緑苑駅から南西に約700メートルの、田畑の間に住宅が点在する地域。近隣女性(64)は「心海ちゃんは近所で“ここちゃん”と呼ばれ、可愛い子。何があったのか」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ガンダム 逆襲のシャア」特集記事

2019年7月27日のニュース