メダルケースお披露目 木目の藍色 北海道産タモ使用

[ 2019年7月26日 05:30 ]

東京五輪メダルデザイン発表から一夜

北海道産のタモを使ったメダルケースに入った金メダル
Photo By スポニチ

 五輪メダルのケースが25日、お披露目された。北海道にある山上木工と千葉県のデザイナー吉田真也さんが手掛けた。外見は大会カラーの藍色。北海道産のタモを使用し美しい木目が生かされている。

 ふたには磁石がついており、ケースに入れたまま立てかけた際、メダルがよく見える角度で飾ることができるように作られている。内側にはメダルのリボンを奇麗に畳んで収納できるくぼみ。選手が持ち歩きしやすいように、ケースを入れる外袋も一緒に提供する。

 メダルデザインコンペティション審査会の宮田亮平座長は「このきめ細やかさ、なかなかでしょ。川西さんがデザインしたメダルを永久に称えてもらえるようになれば」とアピールした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月26日のニュース