米空軍が異例の警告 エリア51への突入プランにNO!

[ 2019年7月18日 10:50 ]

 米ネバダ州にある空軍の極秘基地「エリア51」に突入し、宇宙人の存在を確かめようという呼びかけがフェイスブック上で広まり、ついに空軍側が警告を与える事態に発展した。

 フェイスブックで展開されているこのイベントは「エリア51を急襲せよ!私たち全員は止められない(Storm Area51、They Can’t Stop All of Us)」というタイトルが付けられており、決行は9月20日の午前3時。ほぼ“ジョーク”に近い雰囲気が漂ってはいるもののすでに100万人以上が参加を表明し、当日は参加者たちが「エリア51・エイリアン・センター」という観光施設に集合してエリア51に突入するという内容になっている。

 AP通信によればネバダ州のネリス空軍基地は「フェイスブックへの投稿は熟知している。この区域に違法な侵入を試みることは絶対に許されない」と警告。方法論は明示しなかったが、仮に突入してきた場合には“完全阻止”に踏み切る姿勢を示した。

 エリア51はネバダ州の砂漠地帯にある空軍基地。UFOや宇宙人に関するニュースでは常に“疑惑の中心地”として注目を集めていたが、中央情報局(CIA)が機密を解除した2013年までその存在は認められていなかった。 

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ガンダム 逆襲のシャア」特集記事

2019年7月18日のニュース