松山千春 宗男氏応援リサイタル、S・セガールも登場

[ 2019年7月15日 05:30 ]

令和初審判 参院選2019

鈴木宗男候補(後方)の応援で歌を披露する松山千春(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 今井氏の演説から約10分後、渋谷のスクランブル交差点を挟んだ反対側のハチ公前広場では、日本維新の会比例代表候補として出馬した元衆院議員の鈴木宗男氏(71)が街頭演説を行った。松井一郎代表のほか、鈴木氏が衆院選で初当選した83年から応援を続ける歌手の松山千春(63)が駆け付けた。

 松山は「税金を上げるのはバカでもできる。知恵を使い将来を見据えた政治ができるのは鈴木宗男さんだと信じている」と絶賛。代表曲「大空と大地の中で」の一節をアカペラで披露し、聴衆を盛り上げた。

 鈴木氏は「松山さんには万感の思い。私が一つやり残したことは北方領土問題。最後の選挙です。どうか国会に送ってください」と声を張り上げた。

 東京駅丸の内南口での演説には交流のある米俳優スティーブン・セガール(67)も登場し、日本語で「よろしくお願いします」と呼び掛けた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月15日のニュース