ペルーを公式訪問 眞子さま、児童に向け笑顔で投げキス

[ 2019年7月12日 05:30 ]

日本人移住120周年記念式典の会場に到着し、子どもたちの歓迎を受けられる秋篠宮家の長女眞子さま
Photo By 共同

 ペルーを公式訪問中の秋篠宮家の長女眞子さまは10日(日本時間11日未明)、首都リマで、日本人移住120周年記念式典に出席し「日系の皆さまによって築かれてきた歴史が、未来を担う世代にも大切に引き継がれていきますことを願っています」とあいさつされた。

 ペルーへの最初の日本人移民は1899年4月3日、移民船「佐倉丸」でリマ近郊のカヤオ港に到着した790人で、新潟県出身者が多かった。現在は世界で3番目に多い推定約10万人の日系人が暮らしている。

 着物姿の眞子さまは、日本とペルーの国旗を持った日本人学校などの児童に出迎えられ、投げキスや笑顔で手を振って応えた。

続きを表示

「ジャニー喜多川」特集記事

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

2019年7月12日のニュース