JR東のお土産グランプリに「フランセ 果実をたのしむミルフィユ詰合せ」に決定

[ 2019年7月11日 17:25 ]

 総合グランプリに選ばれた洋菓子「フランセ 果実をたのしむミルフィユ詰合せ」
Photo By 共同

 JR東日本は11日、管内の1都16県からエントリーされた197品のお土産の中から、一番贈りたいものを決める「おみやげグランプリ」の結果を発表した。総合グランプリには洋菓子「フランセ 果実をたのしむミルフィユ詰合せ」(東京都)が選ばれた。

 おみやげグランプリは今回で3回目。駅や駅ビルで売られているお菓子や雑貨などを対象に、ウェブサイト上の投票で決めた。「ミルフィユ詰合せ」は、主に吉祥寺駅や上野駅の駅ビルで売られている。12枚入りで1620円。

 部門ごとの金賞は、食品が「群馬県アカシア蜂蜜のラングドシャ」(群馬県)、雑貨が「福のまめ皿」(福島県)、地酒が「酵母の泡 甲州」(山梨県)だった。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月11日のニュース