現職の森本氏 国民民主離れ無所属に 結集広島が推薦

[ 2019年7月9日 05:30 ]

令和初審判 参院選2019 広島選挙区

広島市内で演説した森本慎治氏(左)。国民民主党の平野博文幹事長の応援を受けた(7月7日)
Photo By スポニチ

 現職の森本真治氏は国民民主を離れ、無所属で再選を狙う。自身を「子育て世代の代表」とし、年金問題などについて「与党は、不都合な事実はまともに説明しようとしない。これでは政治不信は解消しない」と主張。

 県内の国民民主、立憲民主、社民などが新たに設立した政治団体「国民主権を取り戻すために結集する広島政党連絡会(結集広島)」の推薦を受けており、立憲や国民の幹部らが頻繁に広島入りして応援している。

続きを表示

「ジャニー喜多川」特集記事

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

2019年7月9日のニュース