五輪チケットの次は当選者ホテル争奪戦?1万室超不足も

[ 2019年6月22日 05:30 ]

 2020年東京五輪チケット販売の抽選結果が発表され、観戦する競技が決まった人のホテル争奪戦が始まりそうだ。

 都によると、18年度末の都内のホテルと旅館の客室数は約17万5000室。このうち、大会組織委員会が関係者用に都内を中心に約4万6000室を仮押さえしている。国内外から多数の観客が集まると予想され、大会期間中に最大約1万4000室が不足するとの試算もある。

 ホテル業関係者は「競技場近くのホテル以外は、まだ十分に空室があるが、チケットの抽選結果発表を機に予約が増えるかもしれない」と指摘。都幹部は「宿泊需要を今後もさらに詳しく調べ、必要な対策を講じていきたい」と話している。

続きを表示

「ジャニー喜多川」特集記事

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

2019年6月22日のニュース