宗男氏、維新公認で参院選出馬表明「最後の男の戦い」

[ 2019年6月22日 05:30 ]

日本維新の会公認で参院選出馬を正式表明した鈴木宗男元衆院議員(撮影・安田健二)
Photo By スポニチ

 政治団体「新党大地」代表の鈴木宗男元衆院議員(71)が21日、日本維新の会公認で7月の参院選に比例代表で出馬することを正式表明した。「最後の男の戦い。年齢的にも集大成で最後の選挙だ」と決意を口にした。

 後期高齢者といわれる75歳が迫り「選挙はこれが最終章」と強調。盟友で歌手の松山千春(63)からも「維新は健全保守だ。保守の中で戦うのはいいこと。最後の男の戦いをしましょう」とエールを送られたという。

 結果次第で政界引退する可能性があるか問われると「私は生涯政治家だ」と述べ、当落に関わらず政治活動を続けていく考えを示した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月22日のニュース