銀座の呉服店ポスターに批判殺到「ハーフの子を産みたい方に。」制作意図説明、公式HPから削除

[ 2019年6月20日 17:40 ]

 東京・銀座の呉服店「銀座いせよし」が2016年に掲出した「ハーフの子を産みたい方に。」などのキャッチコピーのポスターに、インターネット上で批判の声が相次いでいた件で、同社は20日、公式サイトで「これまで着物にあまり関心を持たなかった方にも目を向けて頂きたかった」と制作意図を説明した上で、ポスターのことをつづっていたブログを公式サイトから削除した。

 ポスターは横断歩道などに佇む1人の着物姿の女性とコピーで構成。他に「ナンパしてくる人は減る。ナンパしてくる人の年収は上がる。」「着物を着ると、扉がすべて自動ドアになる。」「着るという親孝行もある。」のコピーもあった。SNS上には「意味が分からない」「下品」など非難の声が殺到した。

 「ハーフの子を産みたい方に。」は東京コピーライターズクラブの16年新人賞に輝いた。

 公式サイトには店主のブログやメールマガジン登録のコンテンツがあったが、この日、削除された。

 「銀座いせよし」の発表は以下の通り。

 2016年に掲出した弊社のポスターについて、様々なご意見を頂いております。これまで着物にあまり関心を持たなかった方にも目を向けて頂きたいという意図で制作したものでしたが、今回頂いたご意見を真摯に受け止め、今後の広報活動の参考にさせていただきます。なお、本ページの一部についても掲載を中止いたしましたことをお知らせいたします。

続きを表示

「ジャニー喜多川」特集記事

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

2019年6月20日のニュース