集英社がチャットノベルアプリ「TanZak」 小説版「ONE PIECE」「NARUTO」など配信

[ 2019年6月20日 12:26 ]

「TanZak(タンザク)」で読める小説版「ONE PIECE」
Photo By スポニチ

 集英社は20日、スマートフォン向けのチャットノベルアプリ「TaZak(タンザク)」の配信を開始した。同種のアプリに出版社が参入するのは初めて。

 小説をメッセージアプリのような画面形式で読むことができ、セリフを話す人が分かりやすいのが特徴。画面をタップすることで次々に現れるセリフや“地の文”を、読み進む仕組みとなっている。

 配信作品は、「コバルト文庫」「オレンジ文庫」「スーパーダッシュ文庫」「ダッシュエックス文庫」のほか、漫画をノベライズした「JUMP j BOOKS」の小説。

 まずは40作品、1000話以上からスタートし、ハリウッド映画の原作になった「ALL YOU NEED IS KILL」(桜沢洋さん作)や、「なんて素敵にジャパネスク」(氷室冴子さん作)のほか人気漫画「ONE PIECE」(尾田栄一郎さん作)「俺物語!!」(河原和音さん作、アルコさん画)の小説版などを配信する。さらに毎日1作品が追加される。

 それぞれ1話を1200~2000字で区切り、3分程度で読めるようになっている。どの作品も最初の数話を無料とし、続きはアプリ内通貨「コイン」で読める。コインは30枚未満になると自動で追加され、毎日無料で一定話数が読めるようになっている。
 チャットノベルは若い女性を中心に世界的にユーザーが増えており、米国では「HOOKED」や「Yarn」などが、ダウンロード数がカテゴリを問わないランキングでトップ10に入る人気となっている。

 日本では2017年から「TELLER」や「Balloon」「peep」などが配信されている。多くはユーザーが投稿する小説だが、「TanZak」はプロの作家らが手掛けた小説が配信される。

 「TanZak」の担当者は「チャットノベルは、時間を置いて読んでもセリフの“話者”を見失う心配がなく、従来の小説より読みやすい面がある。漫画アプリのように少しずつでも読めるチャットノベルで、小説の新しい読み方を楽しんでほしい」と期待している。

 詳細は「TanZak」紹介ページ(https://tanzak.jp)

 掲載作品(一部) 英雄教室、All You Need Is Kill、カンピオーネ!、黒子のバスケ―Replace―、後宮詞華伝、小説版 アオハライド、小説版 俺物語!!、チョコレート・ダンディ~可愛い恋人にはご用心~、どこよりも遠い場所にいる君へ、NARUTO―ナルト― ナルト新伝、なんて素敵にジャパネスク、ハイキュー!! ショーセツバン!!、恥知らずのパープルヘイズ、BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU、僕は君を殺せない、マリア様がみてる、メルへン・メドヘン、約束のネバーランド ~ノーマンからの手紙~、劣等眼の転生魔術師 ~虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く~、ONE PIECE novel A、etc…(50音順)

続きを表示

この記事のフォト

「騒動特集」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月20日のニュース