同級生狙った?大阪拳銃強奪 「飲み会開催」断られ腹いせか

[ 2019年6月19日 05:30 ]

 大阪府吹田市の拳銃強奪事件で逮捕された飯森裕次郎容疑者(33)が16日の事件前、中学の同級生にフェイスブック(FB)を通じて連絡先を尋ねたり、飲み会の開催を呼び掛けていたことが18日、分かった。断った同級生も複数いたとみられ、捜査関係者は飯森容疑者が不満を募らせたことが事件につながり、同級生を狙った可能性もあるとみて慎重に捜査を進めている。

 吹田市の小中学校で同級生だった会社員男性(32)は事件5日前の11日、「年賀状出したい。住所教えてくれませんか?」と連絡があり、住所を伝えていた。「事件に巻き込まれていたかもしれない。逮捕されるまではめっちゃ怖かった」と話した。

 また事件の約10分前、飯森容疑者は公衆電話から虚偽の110番通報を行い、小中学校時代の同級生の名前と住所を名乗った。捜査関係者によるとこの同級生に飲み会を断られていたという。

 府警によると、包丁で刺された古瀬鈴之佑巡査(26)は肺の一部を摘出する手術を受けたが、容体は良い方向に向かっている。

続きを表示

「ジャニー喜多川」特集記事

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

2019年6月19日のニュース