関西テレビ常務の父 個人名で謝罪「心よりおわび」、同局「報道ランナー」も伝える

[ 2019年6月18日 05:30 ]

大阪交番襲撃・拳銃強奪

容疑者の父で関西テレビ常務の飯森睦尚氏のコメント
Photo By スポニチ

 飯森容疑者の父親で、関西テレビ(大阪市)の飯森睦尚常務(63)が個人名で「重大なケガを負わせてしまった警察官の方およびご家族に対し、心よりおわび申し上げます」などとするコメントを代理人を通じて発表した。飯森常務は「(容疑者が)息子の可能性がある」として、16日から大阪府警の捜査に協力していた。「いまだ信じられない気持ちがありますが、今後の警察の捜査にも全面的に協力する所存です」としている。

 関テレは17日午後に放送した番組「報道ランナー」で、飯森容疑者の父親が関テレ役員であると報じた。新実彰平キャスターがコメントを読み上げた上で「仲間の家族が起こしたとみられる事件。我々も驚きを持っている。事件の真相解明のために取材活動にまい進したい」と述べた。

続きを表示

「ジャニー喜多川」特集記事

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

2019年6月18日のニュース