NHKチーフプロデューサー逮捕 40代女性に強制わいせつ容疑

[ 2019年6月18日 05:30 ]

NHK放送センター(東京都渋谷区)
Photo By スポニチ

 警視庁練馬署は17日、女性にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで、NHK放送総局大型企画開発センターのチーフ・プロデューサー阿部博史容疑者(41)=東京都町田市=を逮捕した。練馬署によると、「記憶がないので分かりません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は2月23日午前1時半ごろ、東京都練馬区の歩道で、徒歩で帰宅途中だった40代女性の肩をつかんで押し倒した後、わいせつな行為をした疑い。女性にケガはなかった。NHKは「職員が逮捕されたことは遺憾です。事実関係を確認するとともに、捜査に協力してまいります」とコメントを発表した。同局広報部は「(事件以降)勤務中に特に変わった点は見られなかった」と説明した。

 阿部容疑者は名古屋大学大学院理学研究科の素粒子宇宙物理学専攻修了。04年、NHK入局。「ニュースウオッチ9」「クローズアップ現代」などで東日本大震災をテーマとする特集などを担当。Nスペ「震災ビッグデータ」シリーズ以降、ビッグデータを切り口にした番組制作に携わってきた。AIを自ら開発・プログラミングして、番組作りにも活用している。「データでいのちを描く」などの著書もある。

続きを表示

「ジャニーさん死去」特集記事

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

2019年6月18日のニュース