山形医師殺害 最寄り駅から1駅北へ 遠回りして逃走か

[ 2019年6月16日 05:30 ]

 山形県東根市の医師矢口智恵美さん(50)が自宅マンションで殺害された事件で、殺人などの疑いで逮捕された山形大4年生の加藤紘貴容疑者(23)が、事件後に現場マンションの最寄り駅から1駅北にあるJR東根駅を利用していたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警村山署捜査本部は、防犯カメラの映像などから、容疑者が犯行後に歩いて東根駅へ行き、山形駅まで電車で移動し、そこからバスに乗り自宅に向かったとみている。

 また、加藤容疑者とみられる男が現場近くのアパートのドアを開けようとする様子が防犯カメラに写っていたが、現場から約500メートル離れた別のアパートでも、不審人物が無施錠のドアを開けて侵入する様子が写っていたことが判明した。

 逮捕容疑は5月19日早朝、矢口さんの部屋に侵入し、鈍器で複数回頭を殴って殺害した疑い。

続きを表示

「ジャニー喜多川」特集記事

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

2019年6月16日のニュース