札幌2歳児虐待死、「衰弱」3週間で暴行エスカレートか

[ 2019年6月13日 05:30 ]

池田詩梨ちゃんが衰弱死した事件で現場のマンション前に献花をする人
Photo By 共同

 札幌市中央区の池田詩梨(ことり)ちゃん(2)が衰弱死し、傷害容疑で母親と交際相手が逮捕された事件で、北海道警の警察官が5月中旬に母子を訪問した際、詩梨ちゃんが著しくは痩せていなかったことが12日、道警への取材で分かった。

 道警は死亡までの約3週間で育児放棄や暴行がエスカレートし、急激に衰弱した可能性があるとみている。母親の飲食店従業員池田莉菜容疑者(21)が逮捕されてから13日で1週間。道警は保護責任者遺棄致死や傷害致死容疑の適用も検討、交際相手の藤原一弥容疑者(24)が衰弱死にどのように関与したか、解明を急ぐ。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月13日のニュース