安倍首相、イラン大統領と会談 狙いは対米緊張緩和

[ 2019年6月13日 05:30 ]

イランに向け羽田空港を出発する安倍首相
Photo By 共同

 安倍晋三首相は12日午後、政府専用機でイランの首都テヘランに到着し、イランのロウハニ大統領と会談した。核開発を巡る米国との対立が深刻化する中、対話に応じるよう働き掛け。衝突回避に向けて緊張緩和を図るのが狙い。ロウハニ師が返答で歩み寄りを見せるかが焦点だ。現職首相のイラン訪問は1978年の福田赳夫氏以来41年ぶり。

 イランは米国による原油禁輸制裁に反発しており、説得に応じる保証はない。ただ首相とトランプ米大統領の関係の深さを踏まえ、トランプ氏向けに何らかの意思を示す可能性もありそうだ。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月13日のニュース