向日市全身テープ女性遺体事件 29歳市職員が死体遺棄

[ 2019年6月13日 05:30 ]

記者会見する京都府向日市の安田守市長(右から2人目)ら
Photo By 共同

 京都府向日市のアパート駐車場に女性の遺体を捨てたとして死体遺棄の疑いで、府警向日町署は12日、アパートの住人で職業不詳橋本貴彦容疑者(55)と、向日市地域福祉課主査の余根田渉容疑者(29)=京都市西京区=を逮捕した。2人は容疑を認めている。

 遺体は全身が白いテントシートで包まれた上から粘着テープで巻かれ、腐敗が進んでいた。橋本容疑者と同居していたとみられる40代の交際相手の可能性がある。同署によると、橋本容疑者は生活保護を受給し、余根田容疑者が担当ケースワーカー。余根田容疑者が、橋本容疑者に対して従属的な立場になっていたとの情報もある。捜査関係者によると、橋本容疑者は「口論の末に女性を死なせてしまった」との趣旨の供述をしている。女性を殴ったことをうかがわせる供述もし、司法解剖で遺体から複数の内出血の痕が見つかった。死因は特定できなかったが死後約1カ月。逮捕容疑は共謀し、11日午前11時20分ごろ、向日市上植野町藪ノ下のアパートの駐車場に、女性の遺体を遺棄した疑い。

 橋本容疑者は2階建てアパートの1階に居住。11日午前11時ごろ、近隣住民から「2階の一室から異臭がする」と110番があった。捜査関係者によると、2階の部屋は余根田容疑者が最近借りたといい遺体を入れていたとみられる大型冷蔵庫が見つかった。2人は通報を知り、遺体を部屋から運び出したとみられる。

 この日、余根田容疑者は、橋本容疑者の住むアパートを定期訪問していた。普段は自転車で訪れていたが、遺体発見時には余根田容疑者名義の車が駐車場に止まっていた。府警は、発覚前に遺体を車で運び出そうとしていたとみている。

 向日市の安田守市長は12日、記者会見し「多大なご迷惑をお掛けし、心からおわびします」と謝罪。市によると、余根田容疑者は18年1月から橋本容疑者を担当。真面目で寡黙なタイプで、勤務態度に変わった様子はなかったという。

 同署は、女性の身元確認を進め、2人が女性の遺体を隠していたとみて経緯を調べる。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月13日のニュース