異例の展開 金融庁 報告書大幅修正を検討「麻生氏が受け取らないかもしれない」

[ 2019年6月12日 05:30 ]

「老後2000万円不足」問題

麻生金融相
Photo By 共同

 報告書が実質的な撤回に追い込まれる異例の展開となり、金融庁は11日、大幅に修正する検討に入った。同庁は同日昼までに、報告書をまとめた市場ワーキング・グループ(WG)の委員に麻生氏の受領拒否の意向をメールなどで通知した。

 今後はWGと連携して理解を求めるが、金融庁幹部は取材に対し「文言を修正して提出する可能性はあるが、麻生氏が受け取らないかもしれない」と述べた。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月12日のニュース