秋田イージス問題 菅官房長官「地元の皆さんに説明を尽くすべき」

[ 2019年6月12日 05:30 ]

記者会見する菅官房長官
Photo By 共同

 菅義偉官房長官は11日の会見で、秋田県の佐竹敬久知事が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡る協議が「振り出しに戻った」と発言したことに「信頼を回復するため、まずは地元の皆さんに説明を尽くすべきだ」と述べ、説明を通じて理解を求める考えを示した。

 候補地の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)を「適地」とした防衛省調査に誤りが見つかったほか、秋田市内で8日に開いた住民説明会では防衛省の職員が居眠り。佐竹氏は10日の県議会で「防衛省の基本的な姿勢には甚だ疑問がある」などと述べていた。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月12日のニュース