トランプ米大統領、25日来日 迎撃ドローン使い頭上警戒

[ 2019年5月25日 05:30 ]

 トランプ米大統領が25日、令和最初の国賓として来日する。28日までの滞在で歓迎行事が大相撲観戦、ゴルフ接待から天皇、皇后両陛下との会見まで盛りだくさん。警察庁は過去最大規模の約1万8000人の警察官を投入する。

 特に、トランプ氏の頭上の安全確保に力を入れる。昨年、ベネズエラで爆弾を搭載したドローンが大統領を狙ったとされる暗殺未遂が発生するなど要人を狙うドローンテロは現在、国際的な脅威。警視庁は、不審なドローンを物理的に捕獲する「迎撃ドローン」を配備する。

 電波で飛行を妨害するジャミング装置も配備する。異例の大相撲観戦なども行うことから、警視庁幹部は「令和初の国賓で小さなミスも許されない」と気を引き締める。

 《老舗炉端焼き店で、首相と夕食会》トランプ大統領は26日、大相撲観戦の後、メラニア夫人とともに安倍首相と非公式の夕食会を行う。関係者によると、東京・六本木の老舗炉端焼き店「田舎家」。カウンターの前で食材を調理するパフォーマンスも人気な高級店だ。各国の政府要人も多く訪れ、トム・クルーズ(56)ら海外セレブたちからも愛されてきた。トランプ大統領は魚介類を食べないといわれ、当日は和牛を使用した肉料理などが振る舞われる予定だ。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月25日のニュース