各地で真夏日 24日以降熱中症対策必要

[ 2019年5月24日 05:30 ]

 23日の日本列島は広く高気圧に覆われ、西日本を中心に各地で気温が上昇した。岐阜県揖斐川町や宮崎県串間市で最高気温30・8度を記録するなど各地で30度を超える真夏日となった。気象庁は「高温に関する全般気象情報」を発表し、熱中症対策など体調管理に注意を呼び掛けた。

 24日以降の週末も気温が高くなり、場所によっては真夏並みになる見通し。まだ体が暑さになれていない時期のため、運動会や行楽など屋外にいる時間帯を中心に油断せず、水分・塩分補給などの熱中症対策が必要だ。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年5月24日のニュース