スポニチ佐渡ロングライド 快晴の空の下、銀輪で絶景堪能

[ 2019年5月20日 05:30 ]

一斉にスタートするライダーたち
Photo By スポニチ

 自転車で佐渡島を1周するイベント「2019スポニチ佐渡ロングライド210」は19日、新潟県佐渡市の佐和田海水浴場で午前5時30分にスタートが切られた。

 快晴の空の下、最長210キロのAコースをはじめ距離別の計4コースに挑んだ参加者たち。日本一の島・佐渡の絶景を楽しみながら、沿道からの声援を背に起伏の多いコースに挑んだ。

 最高気温25度の過酷なコンディションの中で島1周を走破した川原誠司さん(49)=東京都・会社員=は「4年連続の参加だが、170キロすぎの坂は何度走ってもキツイ。でも都会では味わえない佐渡のアップダウンと大自然の風景に魅了されています」と笑顔で汗を拭っていた。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月20日のニュース