カリフォルニアで世界最高額のコーヒーが登場 一杯で8200円!

[ 2019年5月16日 10:05 ]

クラッチ・コーヒーで提供される世界一高額なコーヒー(AP)
Photo By AP

 カリフォルニア州のコーヒーチェーン店「クラッチ・コーヒー」から一杯で75ドル(約8200円)というコーヒーが登場した。AP通信によればこの価格は世界最高額。シリコンバレーに近く全米でも物価が高いことで有名なサンフランシスコの1店舗のみで提供されている。

 使用しているコーヒー豆はパナマ産の「エリダ・ナチュラル・ゲイシャ 803」で、「803」の由来は「せり」の際に1ポンド(約450グラム)で803ドル(約8万8000円)の最高値がついたため。その多くが日本、中国、台湾に輸出されるため米国内には80杯分でしかないわずか10ポンド(約4・5キロ)しか流通されていない。

 ちなみにクラッチ・コーヒー側の説明によると、このコーヒーは「ジャスミンやベリー系の香りがする」とのこと。このコーヒーを飲んだローレン・スベンソンさんは「どのコーヒーとも違っていました」と語っている。

続きを表示

この記事のフォト

「令和元年」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年5月16日のニュース