園児遊ぶ公園に車突入 保育士骨折 65歳男逮捕 千葉

[ 2019年5月16日 05:30 ]

フェンスを突き破り公園の砂場に突っ込んだ乗用車
Photo By 共同

 15日午前10時25分ごろ、千葉県市原市五井中央西の公園で、遊んでいた保育園児5人と女性保育士2人の近くに乗用車が突っ込み、園児をかばおうとした女性保育士(30)が右足を骨折した。市原署によると、園児にケガはなかった。保育士が突き飛ばすようにして守ったという。

 市原署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで自称無職の泉水卓容疑者(65)を現行犯逮捕した。公園の向かいのコインパーキングで料金を払おうと停止した後、「車が急発進した」と供述している。保育園の運営会社の担当者は「いつも園児が散歩している公園なので、本当に驚いた。とにかく子供たちが無事で、本当に良かった」とホッとした様子だった。

続きを表示

「令和元年」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年5月16日のニュース