市立尼崎高バレー部コーチが体罰、部員左耳ケガ 隠蔽か

[ 2019年5月16日 05:30 ]

 兵庫県尼崎市教育委員会は15日、市立尼崎高男子バレーボール部でコーチの男性臨時講師(28)が体罰を加え、10回以上平手打ちされた3年生部員が左耳の鼓膜損傷などのケガをして20~30分意識を失っていたと発表した。市教委は9日、学校の報告を基に「ケガはなかった」と発表しており、校内で隠蔽(いんぺい)があった可能性もあるとみて経緯を調べている。

 市教委によると、体罰は4月29日にあり、今月7日に匿名の電話があって学校が事態を把握。その間に部員は病院で鼓膜損傷などの診断を受け、監督の男性教諭(51)に伝えた。監督が校長に「ケガはない」と報告し、校長も市教委にその内容を伝えていた。

 市立尼崎高は昨年の全国高校総体で初優勝した強豪。

続きを表示

「令和元年」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年5月16日のニュース