血液がん新薬「キムリア」保険適用了承 1回3349万円

[ 2019年5月16日 05:30 ]

「キムリア」を製造する米ニュージャージー州の専門施設(ノバルティスファーマ提供)
Photo By 提供写真

 中央社会保険医療協議会は15日、一部の白血病などの血液がんを治療する新薬「キムリア」の保険適用を了承した。投与は1回だけで済み、価格は3349万円。1回当たりの薬の価格としては最高額となる。22日から保険が使える。

 患者から採取した免疫細胞の遺伝子を改変してがんへの攻撃力を高める「CAR―T細胞療法」と呼ばれる国内初の治療法。既存の治療法が効かない患者にも効果が高いとされる。保険適用で治療費の大部分がカバーされる一方で、医療財政への影響を懸念する声も上がりそうだ。キムリアは米国では5000万円超の費用がかかり、価格が注目されていた。

続きを表示

「令和元年」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年5月16日のニュース