最古のポルシェ競売へ 1台だけ現存「タイプ64」 落札価格は22億円以上?

[ 2019年5月15日 05:30 ]

競売に掛けられるポルシェ(サザビーズ提供)
Photo By 共同

 競売大手サザビーズは13日、ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェの名前が車体に記された最も古いモデルを競売に掛けると発表した。

 1939~40年に3台だけ製造された「タイプ64」。現存するのは1台だけといい、落札価格は2000万ドル(約22億円)を超えると予想している。状態は良好で走行も可能という。

 競売は8月に米西部カリフォルニア州モントレーで行われる。空気抵抗を減らす流線形のデザインで、「911」など後のポルシェの人気モデルにつながったと位置付けられている。

続きを表示

「令和元年」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年5月15日のニュース