除名組…上西小百合も「失望」 丸山議員は「一番まともだった」

[ 2019年5月15日 05:30 ]

維新 丸山議員を除名

自らも2015年に維新から除名された上西小百合元議員
Photo By スポニチ

 2015年に衆院本会議欠席騒動で、大阪維新の会と維新の党を除名処分となった元衆院議員でタレントの上西小百合(36)は丸山氏について自身のツイッターで「失望」とつづった。

 「丸山穂高議員は“維新の中で”一番まともだった」と評し「維新議員には禁酒宣誓をさせられるようなくだらないやつらが他にもいる。情けない」とした。

 《8段階で最も重い「除名処分」》本人の意思にかかわらず党内の籍を抹消する処分で、復党は絶望的になる。日本維新の会では、倫理規範に反する行為を行った党員に対する8段階の処分で最も重い。同党では、17年に都民ファーストの会との連携を表明した渡辺喜美参院議員がこの処分を受けた。

続きを表示

「令和元年」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年5月15日のニュース