維新・松井代表、丸山議員の“戦争で領土奪還”発言を謝罪「ご迷惑をおかけした」

[ 2019年5月14日 14:56 ]

日本維新代表の松井一郎大阪市長
Photo By スポニチ

 日本維新代表の松井一郎大阪市長(55)は14日、自身のツイッターを更新。北方領土問題の解決方法を巡り「戦争」の言葉を用いた同党の丸山穂高衆院議員(35)の発言について「元島民の皆さんを傷つけた」と謝罪した。この日、丸山議員は発言が不適切だったとして離党届を提出した。

 松井市長はツイッターで「我が党所属の丸山議員の不適切な発言により、元島民の皆さんを傷つけ、北方領土返還を願い、尽力されてきた全ての皆さんに多大なるご迷惑をおかけした事、党代表として心よりお詫び申し上げます」と陳謝した。

 丸山議員は北方四島の国後島へのビザなし交流の訪問団に参加。11日夜、国後島の宿舎で酒に酔い、元島民の団長に「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」と質問したり、大声で騒いだりした。丸山氏は13日深夜、都内で記者団に対して「多くの方に不快な思いをさせ、おわびする。不適切な発言を撤回したい」と語り、また「元島民への配慮を欠いた」とも述べた。

続きを表示

この記事のフォト

「令和元年」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年5月14日のニュース