北朝鮮 また飛翔体発射 4日に続き弾道ミサイルか

[ 2019年5月10日 05:30 ]

 韓国軍合同参謀本部は9日、北朝鮮が同日午後4時29分から49分(日本時間同)にかけ、北西部平安北道・亀城から短距離ミサイルとみられる飛翔体2発を東方に向けて発射したと明らかにした。飛距離はそれぞれ約420キロ、約270キロと推定。国連安全保障理事会決議に違反する短距離弾道ミサイルの可能性がある。北朝鮮は4日にも複数の飛翔体を発射している。

 北朝鮮の相次ぐ発射は、軍事力強化を重ねて誇示して米韓をけん制し、2月の米朝首脳会談決裂後、膠着(こうちゃく)状態が続く非核化交渉を優位に進める狙いがあるとみられる。日本の防衛省はこの日「日本領域や排他的経済水域(EEZ)への飛来は確認されていない」とした。

 複数の日米関係筋によると、米政府は4日の飛翔体に関し「弾道ミサイル」だったとの見方を日本側に伝えていた。公表した場合、トランプ米大統領が継続の意向を示す米朝交渉の土台が崩れかねないため、発表を保留する考えも伝達した。

 日本政府としては、弾道ミサイル再発射を容認できない一方で、米朝対話に水を差せない状況にある。拉致問題の進展を前提としてきた金正恩朝鮮労働党委員長との会談に関し、条件を付けずに実現を目指す方針に転換したばかり。いまさら圧力強化路線に戻れないという「苦しい事情」(官邸筋)を抱えながら、安倍政権は強硬な北朝鮮と向き合うことになる。

続きを表示

「令和元年」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年5月10日のニュース