2人死亡の保育園長泣き崩れる、引率態勢徹底したのに

[ 2019年5月9日 05:30 ]

泣き崩れるレイモンド淡海保育園の若松ひろみ園長
Photo By スポニチ

 滋賀県大津市の交差点で8日午前10時15分ごろ車2台の衝突事故があり、軽自動車が2~3歳の保育園児13人と保育士3人の列に突っ込んだ。いずれも2歳の男児と女児が死亡。1人が重体、13人が重軽傷を負った。大津署は車を運転していた2人を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕。1人は8日夜に釈放した。

 保育園を運営する社会福祉法人檸檬会(和歌山県紀の川市)が8日夜に大津市内で会見し、若松ひろみ園長が犠牲になった2人について「とても素直で、笑顔を絶やさない子供たちだった」と涙ながらに語った。出発する時の園児らの様子を「いつもと変わらず出て行きました…」とか細い声で振り返り、ハンカチを顔に当てて数分間むせび泣いた。

 青木一永副理事長は、保育士の引率状況を「3人が列の先頭、中央、後ろで見守る態勢だった」と説明。車道から離れて歩き、交差点では車道の反対側の端で信号を待つよう徹底していたという。

 園児らは午前10時すぎに保育士に引率され琵琶湖の岸に向けて出発し、45分後に戻る予定だった。保育園は園庭がなく、自然を感じられるよう湖畔など複数のコースをほぼ毎日散歩。道路を渡るのは2歳以上に限定していた。

続きを表示

「令和元年」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年5月9日のニュース