ゴマフアザラシの赤ちゃん死ぬ 排水口に頭部はまり…山形の水族館

[ 2019年4月16日 15:44 ]

 山形県鶴岡市の加茂水族館は、ゴマフアザラシの赤ちゃんが15日に死んだと発表した。3月26日に生まれたばかりだった。排水口に頭部がはまった状態で見つかっており、吸い込まれて動けなくなったとみられる。

 同館によると、15日午後2時ごろ、餌を与えに行った飼育員がプールの底で動かないアザラシを見つけ、約50分後に引き上げたが、死んでいるのが確認された。監視カメラには、午後1時15分ごろに排水口の方へ潜っていく様子が写っていた。

 排水口には吸い込みを防ぐ格子状のふたが備えられているが、外れていた。2017年5月ごろから、掃除の手間を省くため、留め具による固定をやめていたという。

 奥泉和也館長は「管理が不十分だった。留め具の設置を徹底し、再発防止に努める」としている。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「日本代表」特集記事

2019年4月16日のニュース