“奇妙”4人関係、同居女性殺す SNS書き込みでトラブルか

[ 2019年4月16日 05:30 ]

 同居する女性を殺害したとして大阪府警捜査1課は15日、殺人の疑いで堺市南区の会社員上村栄生(ひでき)容疑者(57)を逮捕した。殺害前日にこの女性の頭を殴るなどしたとして同日、殺人未遂容疑で上村容疑者の妻若菜容疑者(51)と、和歌山市の会社員寄本一裕容疑者(52)を逮捕した。

 同課は、殺害された女性が栄生容疑者と同居していた葛原一美さん(53)とみて身元確認を進めている。

 栄生容疑者の逮捕容疑は14日午前8時20分ごろ、自宅で口論となりベッドで横になっていた葛原さんとみられる女性の首を電気コードで絞めて殺害した疑い。栄生容疑者は14日、犯行からわずか30分もたたないうちに1人でミニバイクに乗り、「人を殺した」と南堺署に自首。駆けつけた署員が倒れている女性を発見した。病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。遺体の頭部や顔には複数の傷があった。

 寄本容疑者と若菜容疑者の逮捕容疑は共謀して、13日午後6時半~午後8時ごろ、和歌山市善明寺の駐車場で女性の頭部を特殊警棒で殴り、顔面を蹴って重傷を負わせた疑い。

 若菜容疑者と葛原さんは数年前からの知人で、若菜容疑者は葛原さんと同じ集合住宅の別の部屋で暮らしていた。寄本容疑者と若菜容疑者、葛原さんの3人は会員制交流サイト(SNS)を通じた知り合いとみられ、書き込みを巡るトラブルがあったとみて府警は事件の詳しいいきさつを調べている。

 夫婦が同じ集合住宅の別の部屋に住み、夫が妻以外の女性と同居するという、いびつな人間関係。事件の全容解明とともに、4人の関係性にも注目が集まる。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「日本代表」特集記事

2019年4月16日のニュース