ブックメーカーは大損!!億万長者誕生 配当1億4000万円

[ 2019年4月16日 05:30 ]

 ウッズのメジャー制覇で億万長者が誕生し、ブックメーカーが過去最大の損害を被る事態となった。

 大手「ウィリアム・ヒル」米国法人ではウッズの優勝オッズを、4番人気の15倍に設定していたところ、8万5000ドル(約952万円)を賭けていた顧客がいたことが判明。同社は127万5000ドル(約1億4000万円)の配当を支払うハメとなった。

 スポーツ専門局「ESPN」によると、100万ドル以上の配当は過去3回あったが、いずれもアメフットの「スーパーボウル」でのもの。ヒル社が1人の顧客に支払う金額としては史上最高額になったという。取引所責任者は「これまでで最大の損失となりましたが、ゴルフにとっては素晴らしい日となった」と“負け惜しみ”とも思えるコメントを発表した。

 ウッズはこの後、全米プロ、全米OPなどの出場を予定しているが、優勝を境にいずれのオッズの倍率は軒並み下降している。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「日本代表」特集記事

2019年4月16日のニュース