介護現場の負担軽減、進次郎氏ら書類統一など提言発表

[ 2019年4月16日 05:30 ]

有料老人ホームを視察し、積み上げられた書類の前で提言を発表する自民党厚労部会長の小泉進次郎氏
Photo By 共同

 自民党厚生労働部会長の小泉進次郎氏らは15日、介護現場の負担軽減に向け、タブレット端末導入によるペーパーレス化や自治体ごとに形式が異なる申請書類の統一を、厚労省に求める提言を発表した。

 小泉氏は、書類作成に介助と同じ時間がかかっているとし「(現場の職員が)人に向き合う本来の介護に時間を割けるようにしたい」と述べた。介護記録や申請書類の作成の手間を省き、業務の効率化を図る。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「日本代表」特集記事

2019年4月16日のニュース