フェイスブックとインスタグラムが供給停止 世界が混乱

[ 2019年3月14日 10:59 ]

全世界でダウンしたフェイスブック(AP)
Photo By AP

 ソーシャルネットワークの「フェイスブック」とフェイスブック傘下の写真共有アプリ「インスタグラム」が米国東部時間の13日午前11時(日本時間14日午前零時)から米国全域、欧州、そして日本を含めたアジアなどで「供給停止状態」となっている。

 フェイスブックでは短文の投稿はできても、写真や記事を投稿しようとするとエラー・メッセージが表示される状態。フェイスブック側も「一部のユーザーがフェイスブックが提供する各種のアプリにアクセスできないことを認識している」と障害が発生していることを認めている。

 一部のサイトでは「サイバー攻撃が原因ではないか?」と述べているが、フェイスブック側はこれを否定。ただし「メンテナンス中」としながらも、世界的な障害につながった原因については言及していない。

 なおメッセージ・アプリの「メッセンジャー」も機能が停止している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年3月14日のニュース